メインコンテンツまでスキップ

Module 5: Unreal Engine - Overview

Last updated on February 12, 2024

はじめに


プレイヤーによる設定を保存することで、より楽しくパーソナルなゲーム体験を実現できます。このモジュールでは、AccelByte クラウドセーブを利用してクロスプラットフォーム対応でプレイヤーによる設定を保存する方法を説明します。

前提条件


このモジュールを開始するには、次の条件を満たしている必要があります。

理解目標


このチュートリアルを終えると、次のことを理解できます。

  • クラウドセーブの設定方法
  • 音楽と SFX の音量オプションの保存方法
  • 音楽と SFX の音量オプションの復元方法

プレビュー


このチュートリアルの最後には、以下の画像のような状態を確認できます。

リソース


  • このチュートリアルに従うため、こちらの GitHub リポジトリから Byte Warstutorialmodules ブランチを複製できます。このリソースは前のチュートリアルモジュールと同じものです。既に複製している場合は、この手順をスキップできます。

チュートリアルモジュールを強制的に有効化


  • Byte Wars プロジェクトでは、各チュートリアルモジュールが個別に設定されています。しかし、チュートリアルモジュールの中には、他のチュートリアルモジュールに依存するものもあります。このチュートリアルモジュールとその依存関係を有効化するには、次のコードを Config/DefaultEngine.ini ファイルに追加します。

    [AccelByteTutorialModules]
    +ForcedEnabledModules=TutorialModule:CLOUDSAVEESSENTIALS

リファレンス