メインコンテンツまでスキップ

Automated and Performance Tests

Last updated on February 12, 2024

概要

BlackBox は、自動テストとパフォーマンステストの結果を、JSON 出力ファイルから、わかりやすいグラフとテストステータスに変換します。

BlackBox では、テストを 2 種類から選択できます。

  1. 自動テストでは自動テストをスクリプト化し、照合とレポートのために結果を BlackBox に送信します。
  2. パフォーマンステストではゲームのパフォーマンスを掘り下げ、結果を BlackBox に送信します。

BlackBox 全体にわたって、ゲームビルドの「メタデータ」ファイルに追加するファイルを呼び出します。

自動テスト

2 種類の自動テストがあり、スニッフィングテストとスモークテストとして知られています。

  • スニッフィングテストは、ビルドの基本(起動するか、実行するかなど) を自動的にテストします。
  • スモークテストは通常、はるかに厳格なテスト体制にて実行します。目的とする特定の状態が達成されているかどうかを自動テストで確認します。

いずれのテストも、通常はビルドエンジニアと QA チームが自発的に実行するように設定されています。詳細については、自動テストの出力を解釈するを参照してください。

パフォーマンステスト

パフォーマンステストの測定値:

  • フレーム時間
  • GPU 時間
  • 描画時間

これを実現するには、正しい形式を使用して JSON ファイルを生成するパフォーマンステストを作成する必要があります。詳細については、パフォーマンステストの出力を解釈するを参照してください。

自動テストまたはパフォーマンステストを実行する

以下では、Unreal Editor を使用してサンプルゲームで自動テストまたはパフォーマンステストを実行する手順について説明します。

  1. Unreal Engine でプロジェクトを起動します。
  2. Window (ウィンドウ)]メニューをクリックします。
  3. Developer Tools - Session Frontend (デベロッパーツール - セッションフロントエンド)]を選択します。
  4. automated (自動)]タブをクリックします。
  5. Automated Test (自動テスト)]または[Performance Test (パフォーマンステスト)]オプションをオンにします。
  6. Start Tests (テストを開始)]ボタンをクリックします。 Unreal がテストを実行し、JSON ファイルを出力します。
  7. BlackBox CLI を使用して、これを BlackBox バックエンドにアップロードできます。